本物のボーイング747を改装して作られた『747カフェ』で搭乗気分を味わえる♪

サワッディーカァー(^人^)

昨日はやーーーっと公園やマッサージ(足のみ)が解禁しましたね〜✨

私を含め待ちに待っていた人がどれほどいたことか!!

本当はタイマッサージがしたいところですが今はまだ我慢。週末はフットだけでもしてもらいに行くぞぉ〜、いやなんなら平日の夜に・・と密かに決めているウド子でございます♪( ´θ`)

あ、あと美容院のカラーも早く解禁して欲しいね・・前髪の白髪が気になりすぎる(悲)

さて!

先々週末に行ったスワンナプーム空港近くのHappy&Healthy Bike Laneの帰りは、Google mapにチェックを入れていた気になるカフェへと行ってきました♪

「Happy&Healthy Bike Lane」の記事はこちら↓↓↓

www.udoko-life.com

昨年12月26日にオープンしたインパクト大のこちらのカフェ。

747カフェ

f:id:bochibochika:20210608190033j:plain

えっ??飛行機( ・∇・)??? 

ってなりますよね(なりませんか?)

なんとこちらのカフェ。

引退した本物のジャンボ機を改装して作られたカフェ!

なんですって。

凄いよね〜、一旦分解して運び入れたんかな(゚∀゚)

この存在感抜群のカフェがある場所は、Happy&Healthy Bike Laneから車で約8分と少し離れていますが、すぐ南はサムットプラカーン県、東はチャチュンサオというギリギリバンコク県内に位置するところにあります。

<地図>

せっかくここまで来たならということで混み具合も気になりつつ行ってみました。

到着するとすでにチケット売り場前には数組のお客さんが。

こちらが機体下に設置されたチケット売り場。

f:id:bochibochika:20210609160307j:plain

ここで1人120バーツのボーディングチケットを購入する必要があります。

※120cm以下の子どもはフリー

本物そっくりのボーディングパス!よく作られてる^^

f:id:bochibochika:20210609160313j:plain

チケット売り場から階段を上がり機内に入ると天井には明るい照明、両サイドにはゆったりとカフェが楽しめるテーブルとソファー椅子が配置され、中央には2階へと続く階段が。

f:id:bochibochika:20210609160319j:plain

階段奥にはCAをイメージした制服を着た女性スタッフに機内の窓をイメージしたのかな〜という注文カウンターがあります。正直ちょっとチープなイメージは否めませんが、コンセプトは面白くて好き!

f:id:bochibochika:20210609160326j:plain

さらに奥中央にはカウンター席も。

f:id:bochibochika:20210609160330j:plain

機体端には撮影スポットもしっかり完備。タイ人が慣れたポージングで撮影してました。

f:id:bochibochika:20210609160406j:plain

なんとこのカフェの売り!(と思ってる)

2階にはコックピットもあるんですよ〜✨

f:id:bochibochika:20210609160409j:plain

めっちゃリアルな操縦席!!

もちろんここに座ることもできちゃう。

せっかくなのでウド助を座らせてみると、上機嫌でレバーを押したり引いたりして楽しんでました(常に支えてないと危ない)

後からやってきた元気そうなお兄ちゃんがウド助に話しかけながらレバーやらスイッチを軽快に操作していて、それを見たウド助も一生懸命真似したりとなんだか微笑ましい光景(´ω`)

1階と2階を繋ぐ階段では「バーイ、バーイ!!(あっち行って)」と一人で降りたいアピールが強く、降りる時は落ちないかとヒヤヒヤして大変でしたが・・

本人なりに楽しんでた様子。

1階のちょうど翼部分辺りにある非常出口を出ると人工芝が敷かれたスペースがあるので、そこからリアルな機体の外側を眺めることもできます。

f:id:bochibochika:20210609172037j:plain

オリエント・タイってタイの格安航空会社ですね。私は乗ったことないけど調べてみると問題もあったようであまり評判は良くなかったのかな?

機体の翼をこんなに間近で見ることなんてないから迫力感じます!

f:id:bochibochika:20210609172045j:plain

カフェメニューは珈琲系に加えてインスタ映えしそうなドリンク類も。f:id:bochibochika:20210609160413j:plain

お値段は120バーツ〜180バーツと中々の価格帯。

ケーキやデニッシュ系パンの軽食も。

f:id:bochibochika:20210609160417j:plain

そうそう、てっきり最初に購入した120バーツのチケットは入場料と思ってたけど120バーツ分の飲食チケットとして使えました!

f:id:bochibochika:20210609172238j:plain

チケットを渡すと右側が切り取られた状態で返ってきます。

差額は現金払い(振込アプリは使えたかな??)

私はタピミルク、ウド男氏はホットラテと全くインスタ映えしないものを頼みました。

f:id:bochibochika:20210609160424j:plain
f:id:bochibochika:20210609160429j:plain

テーブル横にはコンセントも付いてます。

f:id:bochibochika:20210609172002j:plain

バイクレーン広場とここで写真撮りすぎたので充電が・・ここにあって大助かり。

充電器は持参してて良かったです♪それにしても最近充電の減りが早くて困るなぁ。。昨年の2月にバッテリー変えてもらったので早くない?とアップルの正規代理店にちょっと騙された気分(ブツブツ)

ということで正直ここは家からも離れてるし1回行けたら満足かな〜という感じですが、行ったことのない人、乗りもの好きな男児のいるファミリーにはおすすめです^^

私たちが行ったのは週末だったのでそれなりにお客さんが入ってましたが平日は空いてそう。

気になる人は是非行ってみてくださいねー!

ウド子

↓↓↓参考になった!いいね!と思ったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。