在タイ邦人にも新型コロナウイルスのワクチン接種に関する希望の光が届く。

サワッディーカァー(^人^)

あっという間に5月も終わり6月に突入のバンコクです!!

そして先週の5月28日(金)には在タイ日本国大使館から海外在留邦人向けに、一時帰国時のワクチン接種に関するアンケート協力要請メールで届きました。

※以下、在大日本国大使館HPより

f:id:bochibochika:20210531024151p:plain

少し前にニュースで目にはしてましたが、今夏以降、海外在住の日本人が日本に一時帰国してワクチン接種が受けられるよう成田空港や羽田空港もしくはその周辺で実施出来るよう準備が進んでるとのこと。

そして今回のアンケートを実施することでこの事業のおおよその利用希望者数を把握したいということです。

それは重要ということでもちろん我が家も回答済み。ウド男氏と一緒にアンケートに答えていきました。

<留意事項として書かれていたのは以下6つ>

1)転出届を提出済みで日本国内に住民票を有さない人が対象であること(住民票を有する人は自治体が実施するワクチン接種の対象)

2)使用されるワクチンは日本で薬事承認されたワクチンのいずれか1種(現時点では未定)

3)一時帰国はその時点の隔離措置等に従う必要がある(免除なし)又滞在国への帰国も同様

4)ワクチン接種は一定間隔(ワクチンの種類による)をあけて2回接種が必要

5)ワクチン接種費用は無料。但し渡航費や日本での滞在費等(その他諸費用含む)は自己負担となる(検疫所長の指定する場所での隔離期間中の滞在費用は国負担となる)

6)接種会場は成田空港および羽田空港、もしくはその周辺に設置される特設会場となる

タイにいる私たちからすると、5)と6)が気になるところ。

アンケートの内容はこの事業の利用を希望するか否かによって変わってきますが、

「希望する」場合は世帯内での希望者数と8月〜来年2月までの間での接種希望日、この事業を利用する理由や二回の接種間をどこで過ごすか?(日本or在留先)について回答。

「希望しない」を選択した場合は希望しない理由(在留先での接種に懸念等がない、またはその他を選択し理由を入力する)を選択するのみでした。

正直、回答に悩みました。

何故ならつい最近ウド男氏の会社からバンコク市内にあるウィムット病院でアストラゼネカ社のワクチン接種が無料で受けられるというお知らせがあったから。

f:id:bochibochika:20210531114052j:plain

社員全員ワクチン接種の登録済み。
上手くいけば私(家族)も受けられるということでウド男氏が私の分も登録してくれたみたい(ウド助は年齢制限により登録不可)

この情報は大使館サイトにも5/21付けで掲載されていたので本当っぽい。

大使館からのお知らせ | 在タイ日本国大使館ウェブサイト

これによると外国人を含めた大規模なワクチン接種開始日は6月7日に設定されてるとのこと。ワクチン接種登録を行なった後は5営業日以内に確認メールがSMSに届くみたいだけどそれに関してはみんな届いていない様子。。うーん、今後どういう動きになるんでしょうね。

アストラゼネカに関しては稀な副作用として血栓症が挙げられていて、特に若年層で発症がみられることから欧州では年齢制限が設けられていたりとちょっと心配なとこはある。

3月に欧州の一部の国で接種中止となったことを受けてタイでは確認のために接種中止と発表されてたみたいやけど、それが今回の外国人大規模接種でアストラゼネカ製が使われるということはその点の懸念が解けたということになるのか??そして年齢制限は特にない??

まぁ接種回数100万回のうち10件程度のようなので確率的に低いし、他のワクチンでも別の副作用が発症する可能性もあるからアストラゼネカだけを懸念する必要もないと思うけど、ワクチン接種は副作用というリスクを考慮した上で判断することも大事ですよね。

ということで日本なら現時点ではおそらくファイザー(5/21にはアストラゼネカとモデルナが承認済み)タイで受ける場合はアストラゼネカになりそうです。

で、大使館から届いたアンケートについては迷った結果「希望しない」を選択。

希望しない理由についてはその他欄に「隔離期間の滞在費用の自己負担が大きいこと、幼児連れでの隔離生活が難しいこと、出来れば大使館もしくはタイ国内の病院で受けられるようにして欲しい」と正直に書きました。

3週間のホテル滞在費用だけで少なくとも10万円以上、幼児連れで快適に過ごせるホテルとなればそんなもんじゃ足りません。あとタイに戻ってからの隔離費用も然り。往復の航空券代等々…と負担額はかなりの金額になりそう。。

あくまで現時点でのアンケートという認識で今後タイ国内のワクチン接種の動き、もしくは日本政府の動きによって私たちの意向も変わる可能性は大いにあります。

正直ファイザー受けたい。そう思う在タイ日本人は多いかも。

そして実際今回のタイ国内でのワクチン接種の動きに頭悩ましてる人は多そう。

私たちもそう。けどファイザーはタイでは承認されていないから受けられないし、今受けられるワクチンを出来るだけ早く接種することが好ましいのかもしれない。

時間を空ければ再度別のワクチン接種も可能みたいやしね。

ワクチンパスポートを気にするならばシノバック(中国製)だけは避けた方がいいか・・

簡単に答えは出せないですね。

アメリカのサンフランシスコ在住の日本人の友達はワクチン接種済み。

その子は接種日翌日に腕が痛かっただけで済んだ様子。「アメリカの感染状況は最悪だったからほぼ全員が受けるみたいになってるよ」と言ってました。

学校なんかは1年以上閉まっていてやっと小学校が開校して娘ちゃんが通えてると。中学校はもう少しかかりそうなんですって。

タイでは第3波で学校が休校してから約1ヶ月半・・とりあえず現時点では6月14日まで休校指示が出てるから約2ヶ月ということになるか。1年って・・ってなるなぁ( ;∀;)

とにかくタイでのワクチン接種が進んで新規感染者数が減り、1日でも早く学校再開を含めて緩和規制がなされることを切に願う今日この頃です。

ウド子

↓↓↓参考になったと思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です