新規感染者数は大して減ってないけど今日(9月1日)から規制緩和!!

f:id:bochibochika:20210831231131j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

今日から9月に突入ですよーー!!!この1ヶ月で半期が終わります(驚愕) 

そして引き続き最高度厳格管理地域に指定されているバンコク。
新規感染者数も8月中旬には2万人超え、28日は17,984人、31日は急にガクンと下がり14,666人とな。

そして今日9月1日の発表では新規感染者数が14,802人(回復者数:18,996人)と数日で3千人も減少した数値に。

f:id:bochibochika:20210901144330p:plain

※Facebookより引用

 

そんな最中にタイ政府より発表された9月1日(今日)からの規制緩和。

率直に「えっ、まだ大して感染者数減ってないのにぃ〜??」と思ったけど「病床からの回復者が新規感染者数を上回ったとの理由から」という情報を目にしたので「あぁそうなのね」と思いつつ、、けど感染リスクは相変わらずよねぇぇ・・という疑念はやはり残ります。

今回の緩和は私を含め複雑な心境でいる人は多いんじゃないかな。嬉しい・・嬉しいけど心からは喜べへんよね^^;;

けど実際に満床状態が解消されてきているのならそれは喜ばしいこと。

感染しても入院出来ず自宅療養を強いられる状況ってやっぱり怖いですもん。急に症状が悪化してもすぐに病院行けないって・・入院先が無く自宅で亡くなってしまった日本のニュースとか見てても悲しい。

まぁ満床状態の解消については病院に寄るんでしょうけど。

 

さてさて、今回発令された主な規制緩和について。

(参考)大使館HP:大使館からのお知らせ | 在タイ日本国大使館ウェブサイト

 

■6/28〜店内飲食禁止となっていた飲食店・レストランについては店内飲食可!

ただし、空調有りの屋内では収容率50%、換気十分な屋外では75%とする、かつ営業は夜8時まで(アルコール飲料の提供は引き続き禁止)

※従業員のワクチン接種回数や簡易検査は必須ではなく”協力要請”段階。客側も接種証明書の提示不要。引き続き検討とのこと。

■7/23〜閉鎖となっていた美容増進施設(理髪店、美容院)ではカットのみ営業可

■7/12〜閉鎖となっていた健康増進施設やマッサージ店ではフットマッサージのみ営業可

■7/20〜閉鎖となっていたショッピングモール等(スーパー・衛生用品・医薬品分野除く)については午後8時まで営業可。但し個別分野においては以下の通り。

※ア・イ・ウは大使館メールより抜粋

 ア 美容増進施設は事前予約制とし、店舗滞在時間は一人一時間未満とする。
 イ 健康増進施設は足マッサージに限り、かつ事前予約制に限る。
 ウ 学習塾、映画館、遊技場、ウォーターパーク、プール、フィットネス、ゲームセンター、インターネット店、宴会場および会議場は営業を引き続き禁ずる

■公園、屋内外の運動施設、娯楽用プール、公共遊泳施設は午後8時まで営業可

 

■最高度厳格管理地域から他指定地域への移動については引き続き必要不可欠な場合のみ可

■午後9時〜翌朝午前4時までの外出禁止、民間部門の最大限の在宅勤務など、過去に発令した規制措置については向こう9月14日まで継続適用

 

というところでしょうか。 

あと子どもがいる家庭では気になる教育機関の再開については「施設利用を認める」との通知が出ました。が、これは決して「授業を再開しなさい」というお達しではないようです。

実際今日から再開されているところはあるのかは???ですが、私の周りの友達はオンライン継続のところばかり。

個々の幼稚園や学校の判断に委ねるということなのか…情報収集不足で詳細は分かりません。

 

感染者数が数値的に減少傾向と言えどもバンコクでは日々4千人弱の感染者数が出てる現状。。もし再開となれどワクチン未接種の幼児を集団の中に預けるって悩ましい〜

うちはまだ未就学児だし本来なら来年が入園時期。

幼稚園が開いても様子見で待てるけど、就学児生持ちの親御さんは学力低下の悩みも増してさらに悩ましいだろうなと。

もし学校で感染したら・・っていう最大の不安が付き纏うしね(泣)

 

ってことでこの規制緩和は心から喜べへんよね( ;∀;)

 

とはいえ・・今回の規制緩和で我が家の生活に多少の潤いは出そうです。

カットに行ける!

フットマッサージ行きたい!

広め空間で物理的距離が保てそうなお店で店内飲食!

ショッピングモールは・・遊び場も閉まってるし用事があればという感じかな。

ユニクロや無印も再開するようだし。

お店によっては継続して閉めるとこもあるのかな〜?

 

ちなみにオンヌットにあるセンチュリーモールの飲食店は今回の規制前までこのような状態。

f:id:bochibochika:20210901140632j:plain

屋外に店舗毎のブースを設けてここで受け付けてました。

モール内で営業していたのはスーパーのTopsと薬局ぐらい。

 

今日からはこのブースが撤去され、50%の収容率と言えどもモール内に賑わいが戻ってるでしょうね。ビッグシーとロータスのフードコートも50%で再開されてるだろうし。

また買い物ついでに状況把握してきます(´ω`)

 

とまぁこのような状況ですが引き続き気を緩め過ぎず、適度にリフレッシュタイムを設けながらこのコロナ禍を乗り切っていこうと思ひます。

 

日本の家族も心配だし気を病むような状況が続いてますが、皆さんもどうか日々の生活に潤いを見つけながら励まし合いながらこの有事を乗り越えていきましょうね!!

ではまた〜(=゚ω゚)ノ

ウド子

↓↓↓参考になった!いいね!と思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

 

2 COMMENTS

アバター しんや

プーケットだけでなく、バンコクやチェンマイへの観光目的?の入国も検討されていると日経新聞で記事になっていました。
国境開放になると相互開放や隔離期間の問題もあるので、欧州や東南アジアのように陸続きでないと色々と検討項目が挙がりますが、早々に行き来できるようになのが待ち遠しいです。

返信する
アバター bochibochika

しんやさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます^^
そうですね。タイは10月からチェンマイ、パタやなど順に開国を予定しているようですが、在タイ日本人としては教育機関も未だ閉鎖されている状況なのに「えっ?もう?」と正直複雑な気持ちでおります^^;;
まぁ大打撃を受けている観光業を復活させたいというのは外出する先々で壊滅的な状況を目にしているので分かるのですが( ;∀;)
タイ好きな外国人観光客からしたら早く開国して欲しいですよね。。
一番は感染状況、隔離、ワクチン接種等々安心して行き来出来る状況になることですよね!
早く活気あるタイに戻って欲しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。