反政府デモの情報収集をしつつイベントを楽しんだウド家。

f:id:bochibochika:20201018005049p:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

なんだか急に身近に感じ始めたデモ隊の抗議活動の動き。

今までもこういった活動は続いていて日本大使館の通知で目にはしていたけど、活動エリアが民主記念塔付近が多かったのでそこまで身近に感じてませんでした。

が、最近はバンコクの中心地から昨日なんかはラプラオ交差点、ウォンウィエンヤイ、アソーク、ウドムスックからバンナー交差点、サムヤーンミッドタウンなど、MRTやBTSの駅付近で行われるという非常事態。。

これによってMRTもBTSも一時的に全駅閉鎖されることになって大変な思いで帰宅したという人たちも多かったんじゃないかな・・

昨日一緒にいた友達も時間を潰して何とか無事に帰路に着けたようで安心しました。しかし10台のタクシーに乗車拒否されたようです。

たまたまラプラオに出掛けていた友達もデモに出くわしてしまい・・バスやバイクに徒歩となんとか家に着けたと^^;;

こういう時、リアルタイムに情報入手出来るのってやっぱツイッターが一番早いなーと実感。10月から少しの間ツイッターお休みしてるけど情報収集したい時は青い鳥を開いてますw

ウドムスックのスクンビット通り沿いに住んでるタイ友ファミリーも心配だったので連絡を入れてみると、奥さん&子供たちは既に家に居たようで、家の中から撮影したバンナー方面へと向かうデモ隊の様子を動画で送ってくれました。旦那さんは一人お店(自営業)でお仕事中。帰りはおそらく既に散会後の落ち着いた時間帯だったと思うので大丈夫やったかな。

私たちは昼過ぎからあるイベントに参加してきたけど、帰宅後すぐにテレビを付けてニュースチェック。一部のチャンネルで抗議活動集会の様子が報道されてました。

f:id:bochibochika:20201018012642j:plain
f:id:bochibochika:20201018012707j:plain

これだけの場所に分散されてしまったら阻止する側は対応が追い付かないでしょうね^^;;

昨日デモ隊に放水されていた水は純水ではなかったようです。うーん、確かに青い・・

f:id:bochibochika:20201018012648j:plain

これには色々と理由があるようですね(不確かな情報なのでここには書きませんが)

絶対にかかりたくないヤツです^^;;

 

日本でもタイのこれに関するニュースが流れていて友達や家族も心配してくれてるけど「そういうエリアに近づかなければ大丈夫!」と答えるようにしてます。実際そういう場所に行かなければ平和に過ごせてるんでね。

 

今後もこの活動は続くようなので引き続き情報収集して危ないところには近づかないように過ごしたいと思います。

平日に影響出ると大変よね。ウド男氏は帰宅時とかに影響が出ませんように・・

 

 

さて!そんな不安を抱えながらですが昨日はオンヌットのハビト奥にあるSansiri Back Yard(サンシリバックヤード)で昨日今日と開催してるエコイベントに行ってきました〜♪

f:id:bochibochika:20201018005049p:plain

 

タイ語学校で一緒だった夫婦共通の友達と1年以上ぶりの再会。彼女がこのイベントに行きたいというのでハビト内でランチをした後に向かいました。

 

まずはハビト内の2階にあるベトナム料理屋「Muine」でランチ。

f:id:bochibochika:20201018020432j:plain

ウド助は家で済ませてきたのでお昼寝する予定で大人たちだけの注文。私以外はバインミー、私は・・名前なんだったかな、忘れちゃった〜

甘さと酸っぱさと時に辛さが味わえる牛肉のベトナム風素麺withポークロールです。結構ボリューミーでびっくりしたけどお腹空いてたからぺろっといけた。

食べる前に抱っこ紐で2階をぶらぶら歩き回ってウド助を寝かしつけたから前抱っこで食べづらかったけどw

抱っこ紐で寝かしつけなんていつぶり?ってなぐらいだから大きくなったなぁーとしみじみ。

 

イベントは14時開催なので15時前に行ってみると既に賑わってる様子!

f:id:bochibochika:20201018021339j:plain

ちょうど降り続いてた雨も止み、冷んやり過ごしやすい気温で過ごしやすかった♪このイベントはファラン男女が主催かつ外国人が多く住むコンドの敷地内での開催とあってか外国人も多く見受けられました。

 

ちなみに今日から25日までギンジェー(กินเจ)と呼ばれる菜食週間。ということで近所でもこの通り赤字でเจと書かれた黄色い旗が屋台に取り付けられ野菜入りの春巻きや揚げ物などが多く売られていていつも以上に賑わいを見せてます。

f:id:bochibochika:20201018022841j:plain

私も20バーツで3個だったので買ってみたけど脂っこくて全部食べれなかった・・揚げ物も菜食と呼べれるのだろうか?とちょっと疑問にも感じてしまうし、個人的には心身が浄化されたというよりもただ胃がもたれた感^^;

 

この菜食習慣はタイに住み始めた華僑系の人たちが広めたと言われている慣習。

このイベントでもこの旗が目立つブースがいくつかあった。漢字だとジェーは”齋”ですね。

f:id:bochibochika:20201018021641j:plain

このブースは揚げ物ではなかったと思うけど・・

 

こちらはプラスチックボトルから再生して作られた器などが売られたワークショップ。

f:id:bochibochika:20201018023457j:plain

機械からウネウネと出てきた粘土みたいなものを円盤を回しながら型に上手に巻きつけてます。最後まで見てなかったけど多分このあとは固めて型から外して完成かな?(それらしきものが売られてたので)

原料となるプラもカラフルなので色んな色合いのものが完成しそう!とか言いながら正直欲しいかと聞かれたらうーん・・となる完成品でした^^;

 

一緒にいた友達の友達(韓国人)が出店しているブース。こういったイベント出店やオンラインでも販売してるそう。韓国にも送って売ってるんだって。

f:id:bochibochika:20201018024629j:plain

彼氏さんはアーリーで有名?なベーカリー ショップを営まれてるとか・・やりたい事を仕事にしてるって素敵やね。

 

出店ブースは食べもの系が多かったけど、他にも植物系や可愛いキャンドル(売ってるお姉さんも可愛かった!)、スニーカーまでと幅広い。中には「ガートココア」というチョコレートで有名なお店も出店してました。有名とか言いながら私自身はSNSで見かけたかも〜というレベルで一緒に居た子が教えてくれたんですけどねw

ホントそういう(流行りやお洒落)情報には疎いウド子でございます。

 

私たちは残念ながらランチ後でお腹が満たされていたためさっぱりドリンクを!ということでこちらのブースで紅茶&ラズベリーのスパークリングを購入。さっぱりして飲みやすかった〜

f:id:bochibochika:20201018024938j:plain

手前のお姉さん、日本語を少し話せますと言って日本語で話してくれた。嬉しいねぇ。

歩いてるとぶつかりそうになったファランの年配男性が咄嗟に「すみません」って日本語で返してきたのにもびっくり。後でニワトリがいるエリアでも遭遇したから「なぜ日本語を話せるんですか?」って聞いてみたら東京に長いこと住んでたんだって。

胸に手を当てながら「I love Japan」って言ってくれてこれまた嬉しかったよね(´ω`) 

 

Sansiri Back Yardのお花に囲まれたエリア内には何やら白い紙が沢山取り付けてある場所が!

f:id:bochibochika:20201018025647j:plain

近くまで行ってみるとどうやら自分にできる環境保全活動について書いてみようよ!ってことでした。

3人で何かなー、エコバックは既に始まってるしね。既に意識はしてるけどデリバリーや持ち帰りでカトラリーを貰わないようにするとか?あとなるべく車を使わないようにする、プラをなるべく使わないようにするとか(子どものおもちゃは避けるの難しい!)

とかとか・・どうしても完全には無理よねーってことで”なるべく”を付けちゃう私たち。。

みんなは意識して続けてることあるかな?

 

この後ニワトリが飼育されてるエリアに行ったら数ヶ月前に来たときは怖くて泣いてたウド助も餌を食べてるニワトリたちを指差して嬉しそう^^

この辺りはベビーカーでも歩きやすいし、緑も多いしニワトリもいるしで子連れの散歩コースにはもってこいの場所。ただしこの日のように涼しければの話です(←ここ重要w)

 

一緒に行動してた友達とは現地解散して私たちはハビト内でウド助を放牧させてたのですが、天井ファンがあったせいかハビト内をテンション高々に楽しんだ様子。

思いっきり遊びを堪能したのとお昼寝が短かったせいもあり、珍しく家での食事中に突っ伏して寝ちゃいました。

もうお風呂も歯磨きもなしでいいわ!ってことで着替えだけさせてベッドへ。

20時に寝るなんて滅多にないからね、家が静かで平穏でしたw

 

さて、今日は前々から予約済みのウド助の予防接種に行けるかしら〜

ウド子

↓↓↓参考になった!いいね!と思ったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。