芸能人の悲しい訃報再び。

f:id:bochibochika:20200930113124j:plain

 

サワッディーカァー

 

またまたネガティブの同一化に深く陥ってるウド子でございます。

今日はちょっとここ数日の心のモヤモヤを綴らせてください。

正直、色んな意見を目にするとここに自分の気持ちを書くことさえ控えた方が良いのかな・・とも思ったけど・・

「自分の心の声に耳を傾けてみることが一番大事」という言葉を思い出し、

このモヤモヤを自分のブログの中で文字化しようと思いました。

つい2ヶ月ほど前にも同じようなことを書いてます。タイトルを見てもらえば察してもらえると思うけど。

その時と同じ、ただただ思いを綴っているだけなので興味のない人は読まないでくださいね。

 

先日、またもや芸能人の悲しい訃報ニュースがありました。

女優の竹内結子さんの急死。

ニュースを見て真っ先に浮かぶのはただただ「信じられない、一体なぜ・・」という言葉。

 

昨年再婚されて今年1月には2人目を出産。

「中学生の長男と生後9ヶ月になる子どもを置いて一体何故?」という言葉を目にするけど、自死とういう報道(遺書はなし)が正しいのであれば、二人の可愛い子供を顧みれないほどの状態であったと考えるのが自然だと思う。

 

重なるのは春馬君。

報道内容が正しければ同じような状況で見つかってる。

想像するだけで胸が張り裂ける思いでこれがなかなか解けません。

 

春馬君のことですらまだ傷が癒えてへんのに・・続いて女優芦名星さん自死ニュース。

さらに今回のニュースが続いて・・もうね、本当辛いね。

 

「何故?」って考えた時にやっぱり想像しちゃう。

出演されてる作品を見ると仕事は大変でも順調そうに思えるし、再婚して色々ありながらもそれなりに幸せに過ごせていたんじゃないかって。

それなりにでも幸せな状況の中で自死を選ぶだろうか。私は余程の精神が追い詰められた状況でなければ選ばないと思っています。

それを考えた時に思い浮かぶのは「産後うつ」という言葉。

生後9ヶ月の子どもがいるって聞くと、親であれば誰もが陥る可能性のあるこの病気の可能性はなかったんだろうかって。

本人にしか分からないことだし残された家族のことを想えば憶測で言っていいことじゃないけど・・そう思うと少しは理解出来るんです。

その頃ってまだ睡眠もゆっくり取れずに慢性的な睡眠不足に陥ってる時期だし、育児に加えて家事もしていたとすれば疲れは半端ないと思う。

女性ホルモンのバランスも崩れてるしね。

彼女の場合は膨大な台詞を覚えたり、女優業という人に見られる仕事もあるわけだし・・

 

経験してるから言えるけど、慢性的な睡眠不足って本当精神が弱まるんです。

だから判断力も鈍る。思考が上手に働かなくなる。でも子どもを死なせないために毎日必死に育ててる。そんな中アレもコレもしないといけない状態って本当キツい。

もちろんどれだけ周りのサポートが受けられているかによって負担も大きく変わってくるとは思います。

旦那さんは育児に協力的だったと言われているので実際どの程度軽減されたいたかは分かりません。

 

ただ、睡眠不足と疲れが溜まっていたら思考は鈍るんです。

私はなかったけど、そんな状況下で周りのサポートも受けられず社会的・心理的ストレスが重なれば唐突に死にたい衝動にも駆られるんだそうです。それが産後うつの症状。

(ご参考)https://www.rcpsych.ac.uk/mental-health/translations/japanese/postnatal-depression

 

今はコロナの影響もあるし、共演した身近な俳優の自死が立て続けに起きていることも少なからず関係しているかも知れません。

 

単なる勝手な想像でこんなこと書いてしまってるけど、真実は違うかも知れません。

それは多分、春馬君の時と同じで今後もきっと明かされることはないんでしょうね。

春馬君の件もいまだに色んな憶測が飛び交っていて「警察も報道も信じられない、自死と決めつけずにしっかりと捜査して欲しい!」なんて言葉を目にしたりすると悲しくなりますね。

気持ちは凄く分かるんですけどね。

もし事実が違うなんてことであれば大問題。でもそうじゃなかったとしたら一番身近な家族が動いてると思うんだけどな・・見えない力が働いてるとか思いたくないな。

 

ただ一つだけ確かなことはもう本人は返ってこないということ。

それが分かってるからただただ本人を安らかにしてあげようよ、家族をそっとしといてあげようよ、と思い、自身も故人を悼む。

そうしてあげられることが一番の供養になるのかも知れませんね。

 

私は中々その切り替えができずにいる一人ですが( ;∀;)

春馬君のときと同じ。自分なりの答えと時間が必要なんだと思います。

でもたまたまTwitterで自身が自死遺児だと伝えている高知東生さんの言葉を目にしました。

今の様な心が病みやすいネット時代は「理解できないけれどそっとしておこう」という練習を自分の頭にさせることも大切じゃないかな。残されたご家族の人生を最優先に考える練習とでもいうか。

この言葉、深いですね。そして今の私には難しい練習だなって思いました。嫌でも考えてしまうのに考えないようにする練習か・・って。でも分かる様な気もします。

 

もちろん残された旦那さんと子どもたちが一番悲しいに決まってる。

長男君なんて思春期真っ盛りの時期。今どれほどのショックを受けてるかと思うと辛い。

9ヶ月の赤ちゃんはママが居なくなって本能で泣いてるかも知れない。

 

でもこれだけは言いたいんです。

あなたたちのママはあなたたちを世界一愛してるに違いない。

産後うつが要因の一つだったにしても、たとえそうでなかったにしても、それは決してあなたたちのせいではないって。

だからママの命綱になれなかった、自分の存在価値がなかったなんて思わないで欲しい。

きっとママは今頃天国で後悔してると思う。

あなたたちのすぐ側でこれから先の成長を見守れなかったこと、自身で命を絶ってしまったこと。すごくすごく後悔してると思う。

映画「黄泉がえり」が現実として起こり得るならママに会って聞けるのにね・・

 

でもきっとこれからはいつも空の上からあの優しい笑顔で見守ってくれるはず。

だから少しずつ・・ほんの少しずつで良いから前を向いて歩いていってくれたらって思います。

 

残された旦那さんも心配。

愛する妻を突然亡くしたショックを抱えながらも幼い子どもたちのお世話をしていかなければならないという現実。本当に気の毒でなりません。

どうか彼らの身近にいる人たちが支えになってくれますように・・

 

 

2020年に入ってから沢山の有名人がコロナ感染や自死で亡くなってる。

私が影響を受けていた人でいうと、志村けんさん、テラハで見ていたプロレスラーの花さんの自死から始まり春馬君に竹内結子さん。

多くの人に影響を与え心に傷を負わせてるこの負の連鎖はもうこれで終わりにして欲しい。

そう切に願います。

竹内結子さんの魂が彷徨うことのないように・・どうか安らかに眠ってください。

 

なんだかまとまりのない文章でごめんなさい。

毎日60人程の人が自ら命を絶ってます。怖い数字です。

(参考):自殺者数|警察庁Webサイト

 

 最近ニュース記事の最後にもよく目にするようになった電話相談窓口です。

もし死にたいと思う程の悩みを抱えてる人がいたら迷わず電話してください。

電話相談|自殺対策|厚生労働省

 

ウド子

↓↓↓ もう誰も死なないで!助けてって声をあげて!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。