オンヌットで1番安く受けられるタイマッサージ店『バーン・サバーイジャイ(บ้านสบายใจ)』と『バーン・スックジャイ(บ้านสุขใจ)』

サワッディーカァー(^人^)

オンヌットには通称 “マッサージ通り” と呼ばれるタイマッサージ店が並ぶ通りがあります。

私が知ってる限りタイマッサージが1時間150バーツの頃がありましたが、その後200バーツと値上がりして、コロナ禍で厳しい状況を乗り越え昨年開国した後にはさらに250バーツと値上がり。

オンヌットが安いと言われていた頃に比べると最近は大して他と変わらないんじゃないかな?と思います。

場所に寄っては1時間200バーツのままの店もありますもんね。

それでも1時間1,000円程でタイマッサージが受けられるのはタイの魅力の一つだと思います^^

さらにはタイマッサージが1時間100バーツ、120バーツ(500円以下)で受けられる店がオンヌットにはあるということで、今回はその2店舗について紹介したいと思います!

おそらくこの2店舗がオンヌット界隈では一番安くタイマッサージが受けられる場所なんじゃないかなと。

そのうち1店舗は5、6年前に来たことがあるお店で先日久しぶりに再訪しました。

初めて行った時に書いた記事はこちら。当時は日記みたいに書いてます^^

安い&丁寧さだけで選ぶマッサージ店ならここ @BTSオンヌット

そしてもう1店舗もずっと気になっていたのでこれを機に行ってみました。

最初に2店舗の特徴について書いてからそれぞれの店舗詳細を体験とともに紹介していきます(今回はちゃんと書きます!)

格安タイマッサージ店の特徴

オンヌットのマッサージ通りにあるタイマッサージ店との主な違いを挙げておきます。

・盲目の方によるマッサージ

・タイ古式マッサージというよりは指圧マッサージ

・服装によっては施術着に着替える必要なし

・マッサージクリームや粉などは付けない

・最後のお茶出しはない

まず一番の違いは盲目の方によって施術されるマッサージであるという点です。

先日行ったら目が見える方かな?という人も中にはいましたが、基本盲目の方が担当してくれるお店のようです。

料金が安い主な理由はこの点でしょうか。

マッサージは施術台の上に寝転んで足から腕、背中や首周りと順に手を使った指圧によるマッサージが主で、足を使って太もも内側を押したり最後に上半身の捻りを加えられたりといったことがないので、どちらかというと指圧マッサージに近いイメージ。

施術着は用意されてますが必ずしも着替えないといけないというわけではなく、スカートや半パンだったりした場合に下だけ着替えればオッケー。

もちろん上下共に着替えたければその旨伝えればオッケーだと思います。

マッサージ用の粉やタイガーバームみたいな薬剤は使いません。基本、素手で直接揉みほぐしてくれるシステム。

施術が終わればお金を払って終了です。

バーン・サバーイジャイ(บ้านสบายใจ)

まず一つ目の店舗は『バーン・サバーイジャイ』です。

場所はこちら。

BTSオンヌット駅から徒歩7分ほどのところに有ります。

まずオンヌット駅の奇数側からオンヌット通り(ソイ77)の方向へ進み、横断歩道を渡ってさらにスクンビット通りを進みます。このとき車に十分気をつけて渡ってくださいね。

渡った先の通りはこんな感じ。右側に鶏や小鳥、猫が沢山いる店がありますがここを通り過ぎます。

すると右側に「บ้านสบายใจ」の看板が。英語でも「Thai Massage By Blind Perple」とありますね。

この店を仕切ってるおばちゃんは目が見える方で英語も少し話せるようです。うる覚えですが数年前に来た時も同じおばちゃんだったかも。

タイマッサージ or フットマッサージ、時間を伝えて空きがあればすぐ施術してもらえますが電話予約も可能。

施術台は1階のみで全部で5台。

この日見た施術スタッフは4人でしたが日によるかも知れません。このうち女性は一人でした。

施術台はこんな感じで施術前に新しいシーツと枕カバーをセットしてくれます。荷物などは横のカゴへ。

予約なしで来てタイミング良く1台空いていたのですぐに施術してもらえました。

この時施術してくれたのは男性(特に指名なし)

目が見えないので施術時間は音で知らせてくれるタイマーを身につけて確認してました。

マッサージは仰向けの状態から横向きの体制、最後に座った状態でマッサージを受けて終了です。

手で体の部位や筋を確認しながら指圧してくれるので万一触られたくない場所に触れてしまったら・・と気になる方は女性を指名することをオススメします。

実際「女性は空いてる?」と確認してるタイ人女性客もいました。

他のマッサージ店と同じで施術方法や技術に関しては多少個人差あると思いますが基本丁寧に施術してくれる印象です。

マッサージ代金は仕切ってるおばちゃんに伝えて払いますが銀行アプリでの振り込みも可能です。チップを払いたい場合は担当してくれたスタッフ本人に払えばいいと思います。

私が施術中、隣に旅行者っぽいファラン女性が一人受けに来ました。男性スタッフの「Are you ok?」という問いかけに「Yes, It’s very good!!」と何度か答えていて表情も豊かで満足げでした(隣だったし背が高く綺麗な女性だったのでついついチラ見してた人)

この店を何で知ったのか?ファラン旅行客の間でも知られてる店なのかも知れませんね。

・地図:Google map

・営業時間:8:00〜20:00(毎日)

・電話番号:061- 760- 0338

・1時間の料金:(タイマッサージ)120バーツ(フットマッサージ)150バーツ

・駐車場:なし ※オンヌット市場付近に有料駐車場あり

バーン・スックジャイ(บ้านสุขใจ)

次に先ほど紹介したバーン・サバーイジャイのさらにスクンビット通りを進んだところにあるお店『バーン・スックジャイです。

お店はプラカノン運河寄り、ソンテウが沢山止まってる乗り場の手前にあります。

横並びに2店舗並んでますが「どちらも同じだよ」と店から出てきたバイタクのお兄さんが教えてくれました。

こちらの店舗はタイマッサージとフットマッサージ以外にオイルマッサージもあるようです。

オイルマッサージは受けたことないけどどうなんでしょ?1階に個室はなさそうに見えましたが2階に専用部屋があるんでしょうか(未確認)

特に理由はないけど今回は右側の建物へ。

店内の写真は撮影不可だったのでありませんがバーン・サバーイジャイと似た感じです。

こちらも1階に5台の施術台があり、またしても1台だけ空いてたのでタイミング良く施術してもらえました。

今回は「女性で」とお願いしたところ、たまたま女性一人空いていて「ダーイ」と。

サバーイジャイと違って特に施術台にシーツを敷くということはなく枕もそのまま使用。荷物が置ける台やカゴも無かったので施術台下、邪魔にならぬよう適当に置きました(溢れそうなドリンクは台下へ)

技術で言うと前回サバーイジャイで担当してくれた男性よりも今回担当してくれた女性の方が気持ち良かったし、やっぱり女性の方が安心して受けられるかなというのが正直な感想です。

ちなみにこちらを仕切られていた女性は盲目の方でした。

支払いはその方が不在だったからかは分かりませんが担当してくれたスタッフへ。振り込みもできるということで銀行情報を聞いてスマホから振り込み。スタッフはスマホに耳を当てて入金確認していた様子でした。

ただ一つ気になった点はクーラーの温度設定が低く風も当たってかなり寒く感じたことです。

施術台がクーラー寄りだったからかあまりに寒くて我慢できず・・途中ブランケットをもらいました^^;

ここでマッサージを受ける人で寒がりな人はその点を考慮した服装で来ることをオススメします!

・地図:Google map

・営業時間:8:00〜20:00(毎日)

・電話番号:098- 941- 9122

・1時間の料金:(タイマッサージ)100バーツ(フットマッサージ)150バーツ(オイルマッサージ)300バーツ

・駐車場:なし ※オンヌット市場付近に有料駐車場あり

最後に

どちらの店舗も少し時間が空いてはお客さんが入ってくるような様子でした。しかも他のお客さんは1時間半か2時間は施術してもらってたかも・・(2店舗とも私が一番後に入ってきて先に帰ってた)

あと個人的感想ですが、どちらかというとサバーイジャイの方が外国人慣れしてるかな?という印象。

理由は店主の女性が英語が少し話せる点と目が見えるという点で、もしタイ語が分からなくてもヘルプしてもらえる可能性が高いからです。

実際スタッフから「横向いて」と言われた時に「えっ?」となってたらジャスチャーで教えてくれました。笑

なのでもしタイ語に自信がないけど一度行ってみたい!という方は先にサバーイジャイの方を訪れてみてはいかがでしょうか?

枕カバー、シーツの取り替えや荷物置きがある点でも安心できると思いますよ^^

ウド子

↓↓↓参考になったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です