ホームメイドケーキ!デザインが最高の『IZUMIさんのケーキ』でバースデーケーキを注文してみました♪

サワッディーカァー(^人^)

今週は5日(土)の振替やソンクラーン振替休日があったりと、学校や会社によって対応が違うようですね。

我が家はというと、今日明日と保育園はお休み(ちなみに月曜も休みでした)ウド男氏は明日だけお休みとなります。

ということで平日のような今日、久々に午前中コンドとその周辺に連れて遊ばせてました。同じコンドママ友とも出会して今月は休み多いねーなんて言って。

まだウド助はお昼寝タイムがあるのでこうしてブログに手をつけることができます。

そして今回はウド助の2歳バースディでお願いしたホールケーキについてヽ(・∀・)

「バースデーケーキどうしようかな〜」とネットを漁ってると、キャラクターもののデザインケーキを上手に作ってくれるケーキ屋さんがあるという情報を得たのでお願いしてみることに!

「ケーキ屋さん」と言っても店舗を持たずお一人で営業されています。

こちらにバースデーケーキをお願いしたところ、とっても素敵なケーキに仕上げて頂いたので是非紹介したいと思います( ´ ▽ ` )ノ

 ※念のためブログ掲載については事前に承諾を頂きました。

IZUMIさんのケーキの場所

<地図> 

BTSプロンポン駅前にあるエムクオーティエの横、ソイ35にある「Tippy Cout」というアパートの一室にあります。

こちらがそのアパートの入り口。真向かいには「Baan Adisara」というコンドがあります。

f:id:bochibochika:20201210122009j:plain

フジ1に向かう道を曲がらず越えてすぐのところにありますが、私は最初ここの入り口(看板)に気づかず通り過ぎてました。あれ〜?って引き返したら見つけたw

よく見てないと見過ごしそうになります。

ズンズンと中に歩き進み突き当たりを右に曲がるとこのような景色。右手にはお店が。

f:id:bochibochika:20201210122014j:plain

このお店の奥にはテニスコートがありますよ。

f:id:bochibochika:20201210122018j:plain

そしてテニスコートの真向かいにあるこちらの棟に「IZUMIさんのケーキ」があります。

f:id:bochibochika:20201210122022j:plain

入り口右手には案内が貼られてました。「IZUMIのケーキ」とあるので「IZUMIさんのケーキ」で合ってるんですね(゚∀゚)

f:id:bochibochika:20201210122030j:plain

入ってすぐ右の部屋番号No.35が「IZUMIさんのケーキ」です。

f:id:bochibochika:20201210122035j:plain

営業時間&注文方法

・電話のみ受付:(TEL)02-258-8803 ※留守電の場合は折り返し連絡あり

・営業時間

(月曜〜金曜)9時〜15時(土曜)9時〜12時(日曜)9時〜15時

・予約は1ヶ月前から1週間前まで可能 ※時期による

・デザインについて

初めてデザインするものに関しては受け取り日の1週間前までに紙媒体をお店まで持参する必要があり

・ケーキの種類

チョコレート or 生クリームから選択。サイズは21cmのみ。

フルーツは時期によってイチゴ or キウイ&ピーチになるそうです。

・支払い:現金のみ

※LINEやEメールアドレス、FBサイトなどは一切お持ちでないようです(口コミだけで広がったんでしょうかね)

今回注文したバースデーケーキ!

どのデザインでお願いしようか???

ジブリ系の映画も好きやけど、最近はすっかり乗り物好き!!

バスよりBTSの方に乗りたがるしBTSが良いかな〜、でも生クリームにBTSデザインというのもパッとしーへんしな〜

ということで選んだデザインがこちらです♪( ´θ`)ノ

f:id:bochibochika:20201210173652j:plain

タイ・バンコクを走る赤バス〜✨ 

見てみて!!このクオリティの高さ凄くないですか!!?(興奮)

皆さんがネットに上げてる他のキャラものケーキも確かにクオリティが高くて凄いなーって思ってたんですけど、デザインがデザインなだけにテンション⤴︎⤴︎⤴︎

めっちゃ赤バスやーーーーーん!!!!って思いましたw

しかもイチゴがまだ出回り始めたばかりでピーチ&キウイになる可能性大だったので、美味しそうなイチゴが乗っかってたことも嬉しかった♡

ちなみに持参した写真のバス番号は23でしたが、ここを敢えて「2」に変えてもらいました。そう、2歳だけに(´ω`) 実際、2番も走ってますけどね!

やっぱ赤バス映えるわぁ〜。最高ーー

リアルな赤バスは昔から変わらぬデザインらしいですよ。ずっとこのままのデザインで走り続けて欲しいな〜

ちなみにこんな感じで受け取ります。ちょうど真ん中のデザインが見えるようになってるー

f:id:bochibochika:20201210174657j:plain

ちゃんとローソクも付けてくれてます。ドライアイスなしなので寄り道せず帰りました(あっ、この日BOGOのスタバだけ寄っちゃった)

もう一つ肝心のお味は・・・美味しい!!

生クリームも程よい甘さでちょうど良いしふんわりスポンジで、まさに日本のいちごショートケーキです♡

デザインの部分の色合いはフードクリームというものを使っているそうですがカラフルなクリームが売ってるんですねー

こちらのケーキ、お値段は1,500バーツでした(受け取り時に支払い)

ケーキの断面図ですが中にもイチゴがぎっしり入ってますよ♪

f:id:bochibochika:20201210174704j:plain

本当ナイフでカットするのが勿体無いぐらいでしたが致し方ありません。

ここはしっかりと写真と胃袋に収めておきたいと思います。

ちなみに我が家は4カットにして1カット分ずつは親、もう1カット分の二分の一をウド助にあげてお祝いしましたが、ウド男氏は美味しかったようでさらにもう1カット分を夜に平らげてしまいました(夜ご飯もしっかり食べてたけど?w)

ここまで書いてるとなんだか親が一番楽しんでないかと思われそうですが、もちろん今回のバースデーケーキはウド助に喜んでもらうために用意したもの。

そしてこの日、ケーキデビューもさせてあげようと思っていました。

お昼寝から目覚めてご機嫌のウド助。

さぁ始めようとベビーチェアに座らせ、私がロウソクに火をつけて持っていきウド男さんと一緒にバースデーソングを歌い始めるとケーキに触ろうとするウド助。

ロウソクに火もついてるし危ないので阻止してると「キィィィーーー!!!」って叫ぶ叫ぶww

ご機嫌斜めになってしまい火を吹き消すのも難しそうだったのでママが代わりにふぅーー

その後すぐにウド助の手がケーキに伸びて一部を破壊。手についたクリームが嫌だったようでさらにキィーキィーしてましたw

勿体無い!パパとママなら迷いなく舐めてるわ(どんだけ)

カットするためキッチンに戻り、ロウソクに再び火をつけて写真に収めたものがこの記事のアイキャッチ画像となります。

再びウド助とケーキの2ショットを狙いましたが全く笑顔を見せてくれず( ;∀;)

機嫌をとるためにトーマスをつけてみるもテレビにばかり目がいきケーキを見やしないw

まぁ親の思い通りには中々いかない、それが子育てですね。

これはこれで良い思い出となります(´ω`)

でも人生初めてのケーキは私が生クリームをちょっとだけ口につけて味見させると美味しいと思ったようでフォークを使い自分でパクパク。

ケーキデビューは上手くいきましたー♪

バンコクには日系のケーキ屋さんがいくつかありますが、キャラクターものや乗り物などのデザインケーキを作ってもらいたい場合には「IZUMIさんのケーキ」オススメです!

ウド子

↓↓↓参考になったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です